×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シミをなくす美肌ケア

お花 ほうれい線を薄く目立たなくする魔法のテクニック!
   ほうれい線を薄く目立たなくし若々しくよみがえるテクニックをこっそり伝授します。


お花 アスタリフト     
    CoQ10の1000倍パワー!アスタキサンチン配合
    ピン!とはずむ上向き美肌へ♪


シミの対策方法

シミ原因は、余分なメラニン。肌のターンオーバーが乱れていると、

 

過剰に作り出されたメラニンが肌の外に排出されず、「しみ」となって

 

残ってしまいます。

 

そこでシミの対策として効果的なのが 活性酸素による酸化をおさえる

 

ことです。 ビタミンCビタミンEなどの抗酸化成分が配合された

 

アイテムをスキンケアに取り入れてみましょう。

 

また、シミの最大の敵である紫外線に負けない肌を保つためのポイントは、

 

肌が常にうるおっていること。 潤った肌は、紫外線の肌内部への侵入も

 

防いでくれるのです。

シミの予防

シミの予防法は、「お肌を強くこすらない」ということが大切です。

 

肌をこすると、強い刺激に対し、肌を守ろうとしてメラニンが

 

過剰に生成され、シミを作ってしまうのです。

 

なかでも多くの女性が持つ肝斑(かんぱん)は、こすると確実に

 

濃くなります。目のまわりや口のまわりも皮膚が薄くなっているので、

 

注意したいところですね。

シミに効くツボ

シミに効くツボは足の内くるぶしのすぐ後ろ側にある太谿(たいけい)。

 

内くるぶしとアキレス腱の間です。肝機能を高めて老廃物の排出を

 

うながしてくれる美白のツボ。しみを防ぐだけでなく、できてしまった

 

シミを薄くする効果も期待できます。

 

☆ ツボの押し方

 

親指を太谿(たいけい)にあて人差し指を後ろ側にあてて、挟むような

 

感じで押しもみます。

 

 

シミ関連エントリー

シミを隠すメイク技
シミを隠すメイク技で美白美肌をつくりましょう!お肌は徐々に生まれ変わるので、しみのお手入れの成果が出るまでにはどうしても時間がかかります。本当にシミが消えるまでは、メイクでわからなくしたいところ。それには、コンシーラーやコントロールカラーの使い方がものを言います。

お花 これからのエイジングケアはたった1本でOK!
   からだの内側から「体型」と「肌」の見た目年齢へアプローチ☆