×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

保湿クリームで肌老化を防ぐ

お花 ほうれい線を薄く目立たなくする魔法のテクニック!
   ほうれい線を薄く目立たなくし若々しくよみがえるテクニックをこっそり伝授します。


お花 アスタリフト     
    CoQ10の1000倍パワー!アスタキサンチン配合
    ピン!とはずむ上向き美肌へ♪


肌の保湿

肌の保湿は、乾燥肌の人にとっては大きな悩みかも
しれませんね。

 

でも、ノーマルタイプやオイリースキンの人にとっても、
保湿ケアは美肌のキーワードなんです。大半の人は、
保湿クリームや美容液などを使って、肌を潤す
お手入れを日々実践していると思います。

 

クリームで肌の保湿をする前に、まずは根本的な
肌の保湿について考えていかなければいけません。
肌の保湿に大切なことは、皮膚そのものに含まれて
いる水分が、できるだけ失われないようにするために、
お手入れなどで対策をすることが大切なのです。

 

つまり、乾燥しないように対策をすることが肌の保湿につながると
いうことになります。保湿の大敵となる肌の乾燥の原因というのは、
肌の水分がなくなってしまうことだではなくて、保湿力そのもの
をパワーアップさせる肌の中にあるセラミドなどの角質細胞間脂質
が減ってしまうことが原因であるといわれています。

 

細胞間脂質は、セラミドやコレステロール、脂肪酸といった脂質で
構成されていますが、厳密にいえば、水と脂がたくさんの層になって
いて、約30%の水分が保持されています。セラミドが充分にあれば、
このたくわえられた水分を守ることができるのです。

 

本来は、セラミドが肌を保護してくれるはずなのに、年齢とともに
肌の保護膜であるセラミドが減るために、特別な肌の保湿が必要
になるくらい肌が乾燥してしまいます。このことから、肌の保湿には
セラミドが入っている化粧品などを選んで肌の乾燥を防ぎましょう。

 

しかし、セラミド配合のクリームといっても、いろいろとありますね。
肌の保湿のことを考えると、セラミドが入っているものを選ぶことが
大切なのですが、ただセラミド配合のクリームは少々値段が高いのが
つらいところですね。肌の保湿クリームには、他にもヒアルロン酸
が配合されているものもあります。

お花 これからのエイジングケアはたった1本でOK!
   からだの内側から「体型」と「肌」の見た目年齢へアプローチ☆